もっと自分に磨きをかけて

20代のころについてでものべたのですが、20代というのは本当にコスメに頼らなくても十分やっていけるほどの若さだったのです。

しかし30代になってくるとそういうわけにはいきません。

自分の衰えたものがうまく補っていける、これがいちばん大切だということです。しかしここでポイントをお教えしましょう。

それは何かと申しますとコスメというのは何も化粧品だけとは限らないです。

つまりランジェリーや普段からちょっとしたものを商品として使うものまでも、全て幅広く考えるとコスメの1つです。

ランジェリーなどは本当に30代にあいます。

男を刺激する素敵なツールになってくるわけです。

20代だとそういったものを着ているといんらんにも見られるのですが、30代とこれまた不思議でそういったものをきている方が女性らしく見えるのですから面白いものですよね。

男性側から見ても一生懸命女性としてアピールしているなと微笑ましく感じるのはやはり30代からだからこそ。

30代をどのようにしてアピールするかということが女性にとっては大切なのでしょう。男性にもてなくなったから終了ではなく、まだまだ男性にもモテるんだという意識を持って取り組むからこそ、いつまでも男性に愛される女性になるんだとひしひしと思いました。

ちょっとした考え方一つ一つが実は全て結びついてるんだということも痛感しました。

これからは下着にももっと力を入れてそしてフェロモンをしっかりとさせるような女性になっていきたいなと思いました。